40歳でバストが小さいと、もうバストアップを期待するのは無理?

先日、私の友人と話をしたときのことです。彼女は、今年40歳。今一番の悩みは「バスト」だというんです。

正直言って、今更なにを言い始めたのかと思ったのですが(笑)、どうやら今彼女は婚活中らしく、男性と会う機会がかなり多くなっているそうなんです。かなり気合を入れているようで、自分磨きだったり、もちろんダイエットなんかにも徹底的に取り組んでいるようなんですね。

そんな中で気づいたのが「私ってバスト小さい」ということだそうで、そのために婚活でマイナスになってしまうんじゃないかと感じたそうなんです。

たしかに、40代というのは一般的には体型が崩れてしまったりする時期です。なので、逆に考えると、40代でも美しい女性らしい若々しいボディラインを持っている女性がいたら、それだけでも目立つし魅力的に映るということはあるでしょうね。

しかも、バストのボリュームがないだけでなく、形まで悪い、はっきり言うと少し垂れ気味になっているそうなんです。ダイエットを頑張っても、バストが小さくて形が悪いことで、体型全体でみるとかなりバランスが悪くなっているように感じるらしいんですね。

さらに、婚活で出会った男性とさらに先の関係に進みたいと思っても、自分の今の体に自信がないせいで、なかなか積極的になれず、そのせいで婚活もうまく進まないということもあるようなんですね。

その友達はパッと見は年齢よりも若く見えますし、ちょっと童顔なので、よけいそういう体型の「おばさん化」がコンプレックスになっているようなんですね。

でも、正直に言って、40歳になってバストアップするとか、垂れてしまったバストを治すとかって、なかなか難しいというか、ちょっとやそっとのことでは無理なんじゃないかという気がしました。

ただ、実際にその友達はバストアップに取り組んで2か月くらいになるそうなんですが、サイズは1カップあがって、バストのトップも少しあがってきたというんです。

何をやったのがとても気になったので聞いてみたら、やったことは2つ。

バストマッサージと育乳ブラの使用だそうです。

本当はバストアップサプリを飲むようにしようかと思ったらしいのですが、一番効果が高いといわれるプエラリアミリフィカは副作用の危険性が高いということが分かって、40代の体にはちょっとリスクが高いと思ったらしく、それ以外の成分のバストアップサプリは食べ物からでも十分にとることができると思って、サプリはやめたそうです(実際、豆乳は毎日飲んでいるといっていました)。

それで、今は毎日お風呂上りにバストマッサージをすることを日課にしているそうです。ただマッサージをするだけだと面倒になってやめてしまいそうなので、バストアップクリームを使って、全身の保湿をするついでにバストにはその専用クリームを塗って5分程度の短い時間でマッサージをしているということでした。そのとき使っているクリームは、脂肪を増やす働きがある(塗った部分だけ)というボルフィリンという成分が入ったものだそうで、このおかげでガシガシと長時間マッサージしなくてもバストに作用してくれると言っていました。

そして、もうひとつ彼女がやっているバストアップ法が育乳ブラだそうです。実は、彼女はバストのお肉は少ないのですが、アラフォーになって脇の下とか背中にぶよぶよとお肉がつくようになってしまい、それも体型が崩れる原因ということで悩みのひとつだったそうなんです。

そんなときに育乳ブラやナイトブラのことを知って、その仕組みを調べると、自分のような脇肉や背中のお肉に悩んでいる+バストが小さくて悩んでいるという人にこそ、育乳ブラは最適な構造になっていることが分かって、さっそく試してみたそうなんですね。

こちらの記事を参考にして選んだそうです。→40代でも育乳ブラに効果があるのか

すぐには効果が出るようなものではないそうなんですが、それでも2か月毎日育乳ブラをつけていたら、バストの形が明らかに変わってきた、特に、バストの上の部分がげっそりそげていたのが、ふっくらしてきたということらしいんです。

サイズ的には1カップ分くらいしか大きくなっていないそうなんですが、脇が引き締まったせいでそれ以上にバストにボリュームが出たように見えるようになったそうです。

来月、また婚活のパーティがあるそうで、そのときに間に合ってよかったといっていました。

正直言って、私もその友達の挑戦は最初は無謀のように聞こえたのですが、確かにそういわれてみると雰囲気が変わったというか、女性らしさが増したような気はしていました。単に婚活がんばっているせいかと思ったんですけど、物理的にバストが大きくなっていたって話なんですね(笑)

この話を聞いて、私も少し勇気をもらえたというか、いくつになっても挑戦してちゃんと取り組むことで、体型を若々しくしたり、バストアップで女性らしさを増すことはできるんだなーとあらためて思いましたね。

30代でもあきらめないバストアップ方法!バストのハリを取り戻せるのは今だけ!?

10代や20代の頃と比べて、バストにハリがなくなってきたと感じている30代の女性は多いんですよね。ただでさえ小さめのバストがしぼんできたら、ますますサイズダウンしてしまいます。

かと言って30代になってからのバストアップなんて無理なんじゃないかと思ってしまいがち。たしかに、成長期に大きくならなかったバストが30歳を過ぎてから大きくなるなんてことは、ちょっと考えにくいというのも分かります。

もちろん、今のままで放っておいたら、自然とバストがふっくらしてきてサイズが大きくなった!なんてことはまずないでしょう。人間のカラダは、年齢とともに劣化していくようになっています。これはバストだけでなく、他の体のパーツでも同じです。顔の皮膚だって、年齢とともにたるんできたりシワができたりしますよね。バストにもそれと同じ現象は起こるのです。

ただ、そうはいっても、30代でバストを諦めてしまうのはもったいない話。

30代はまだまだこれからという時期です。女性としての魅力は逆にどんどん深みをおびていく時期。そんなときに、自分のバストが小さいとかしぼんでいるとかで自信を失ってしまって、それによってせっかくの女ざかりをムダにしてしまうのは本当にもったいない話です!

なので、30代でもまだ間に合うバストアップ方法をぜひ試してもらいたいのです。

バストアップのためには、いくつかの大事なポイントがあります。

まずひとつは、「習慣」です。

バストの大きさは遺伝で決まると思っている人は多いと思いますが、それ以上に環境や習慣によってバストの成長が左右されるということもあるようです。

特に、バストに悪い習慣を繰り返している人は要注意。

バストに悪い習慣というのは、たとえば不規則な生活(遅寝、遅起きなど)、それによる睡眠不足、また、ストレスが多い生活などです。

どうしてこうした習慣がバストに悪いのかと言うと、バストを成長させるために必要な栄養が十分に行きわたらなくなったり、またバストに重要な影響を与える女性ホルモンの分泌が少なくなってしまってホルモンバランスが崩れてしまうからです。

もちろん健康に悪いだけでなく、バストアップのためにいいことはひとつもありません!

バストの小ささに悩んでいる人の中には、こうしたバストに悪い生活習慣が身についてしまっている人が多いんです。

まずは、このような悪習慣を改善して、

規則正しい生活をする

睡眠はしっかりとる

ストレスを溜めない

ということを意識して過ごしてみてください。これによってすぐにバストアップするわけではありませんが、これはバストアップのための「土台」です。土台がしっかりしていないところに、バストアップという「家」を建てることはできません。

まずは大前提としてこうした習慣の見直しをしてみることをおすすめします。

そして、その上で、バストアップのためにプラスとなるような対策をとるのです。

女性ホルモンに似た働きをする成分を取りいれる(食べ物やサプリなどで)

バストアップに効果がある成分が入ったクリームを使ってマッサージをする

ナイトブラを使って寝ている間もバストをしっかりキープする

など、今はいろんなバストアップ方法があるので、それぞれ自分に合った方法を選んで行うことが大事です。

どの方法を選んだとしても、効果を感じるまでにはある程度時間がかかるということだけは覚えておいてください。

バストアップは1週間や2週間でできるものではありません。少なくとも3か月、できれば半年は続けること。

1か月くらい試しただけで、全然バストアップの効果が出ない!なんて思ってあきらめてやめてしまうというのが一番もったいないです。でも、このパターンが一番多いんですよね、、、ダイエットと同じです。もう少し続けていればちゃんと結果が出たのに、すぐにバストアップしないと自分が取り組んでいる方法を信用できなくなってしまうというパターンです。

バストアップには時間がかかるということは絶対に覚えておくようにしてください。そして、続ければ必ず結果が出るということも頭の片隅に必ずおいておくようにしましょう。くじけそうになったときに、もう少しだけ続けようと思うモチベーションを保つことも大事です。

そういう意味では、なかなか続けるのが大変なバストアップ方法よりは、簡単に習慣にしやすいバストアップ方法を選ぶというのがいいですね。

たとえば、バストアップにいいとされる「大胸筋(胸の上の方の筋肉)を鍛えるトレーニング」なんかもありますが、ほとんどの人はこんなの続かないですよね!?

ダイエットで筋トレしたことがある人なら分かると思いますが、たいていつらいエクササイズというのは短期間でイヤになってやめてしまうというのがオチです。

バストアップには継続しやすい方法を選ぶのが一番です。

そういう意味では、サプリをのむとか、ナイトブラをつけるとか、自分が大変な思い・面倒な思いを一切しなくても続けられる簡単なものを試してみるのがいいでしょう。

飲むだけ、つけるだけ、というハードルが低いものなら、簡単に続けられますからね。

こうしたバストアップ方法をうまく取り入れて続けることができさえすれば、30代といえどもバストアップへの道は開けてくるんです。

極端なバストアップ(たとえば、AカップからFカップとか)は正直無理ですが(そのレベルでのバストアップを目指すなら、豊胸手術しかないでしょうね)、1サイズ2サイズのアップは30代からでも十分に可能です。また、バストにハリを取り戻すことだってできます。

30代はまだまだ体の変化もはじまったばかりの時期です。体はいい方向へも悪い方向へも変わります。

30代の今こそ、バストにいい習慣を身につけて、自分に合ったバストアップ方法を毎日コツコツと継続すれば、自分の理想のバストに一歩ずつ近づくことはできるんです。

もしバストアップの方法選びで迷っているなら、30代女子ならナイトブラはおすすめです。体にも負担が少ないですし、続けやすいからです。

ナイトブラを選ぶポイントは、

1.バストが垂れない工夫があるか
⇒アンダー部分にバストを持ち上げる機能がついているもの

2.バストのホールド力が高いか
⇒バストをしっかりと包んでくれて形をキープできるもの

3.脇のムダ肉をバストに集められるか
⇒脇高の構造になっているもの

引用:30代におすすめの厳選ナイトブラ!

30代には30代のナイトブラ選びのポイントがあることが分かりますね。

こうしたポイントを参考にしながら選んでみると、失敗することもないはずです。

30代の時間を女性として充実して生きるためにも、バストケアに取り組んでみることをおすすめします。

誰でも胸は大きくなる?Aカップでも諦めないバストケア方法とは?

大人の女性にとって、ダイエットと同じくらい常に頭を悩ませているのが「バスト」の悩みですよね。

小さいバストより大きいバスト。形が悪いバストよりきれいなお椀型のバスト。

手に入れたいけど、どうやったらいいのか分からない。大人になってからバストアップできるのか不安。。

そんな方こそ、今すぐ「自分が継続しやすいバストアップ方法」を始めるべきです。

バストアップ方法は、どれを選んだとしても1日や2日で劇的にサイズが大きくなるようなものではありません。コツコツと続けていくことこそが大事ですし、実際にバストアップした人というのはある程度長い時間をかけて行っているんです。

もしあなたが1年後にも今のバストのままでいいというなら、そのまま何もせず放置でいいでしょう。

ただ、もし1年後にバストに自信を持ちたいと思うなら、少しずつバストアップ方法を進めていくようにした方がいいですね。

バストアップは時間がかかる分、早く始めるべき。いつまでも「あれもダメ、これもダメ」では、いつまでたってもバストは変わらないどころか、年を重ねるにしたがってバストはどんどんしぼんだり垂れたりして形が悪くなっていってしまいます。理想のバストとは程遠くなることだけは間違いないでしょう。

バストケアを早く始めることで、豊満な胸を手に入れるまでの時間は短くなるはずです。

大きなおっぱいが魅力的な女優さんなどが豊かな巨乳を作るための運動やエクササイズを公開していることもありますよね。

一言でバストアップのためのエクササイズと言ってもバリエーション豊かな運動方法が存在しますから、まずは自分が継続しやすいやり方でばすとを維持するための筋肉をできるだけ増やすようにしてください。このとき、すぐに止めないで続けることが一番重要です。

また、日々の生活で簡単にできる方法を紹介すると、バストアップしようと思ったら湯船につかる習慣をつけるというのがいいでしょう。

お風呂に入って身体を温めることで血のめぐりが良くなって、それにともない当然バストにも大きくなるために必要な栄養が届きやすくすることができます。

血の巡りがよくなった状態の時に、じっくり時間をかけてバストアップマッサージをすることでいつも以上に効果を感じることができるはずです。

もしあなたが日々仕事や家事などに追われて忙しくて時間がない時は、シャワーでばすとの辺りをマッサージしてみるだけでも効果を得ることができるはずです。

また、あたなも聞いたことがあると思いますが、食べ物の中でバストアップ効果を望めるものと言ったら、有力なものとして大豆製品や鶏肉などがありますよね。

積極的に摂りたい食材ではありますが、ただ、こういった食べ物ばっかり毎日摂取したからと言って、それによって胸の成長が約束されたわけではないのです。

反対に、極端にかたよった栄養だけを摂取するようになってしまうと、本来は促そうとしたはずの胸の成長を阻害するように邪魔してしまう、なんてこともあるんです。

なので、バストにいいと言われるものばかり食べるのではなく、いろんな食材を満遍なく摂るようにするのが肝心です。

そっちの方が、バストアップには近道なんです。

そしてそうやってせっかく摂取した栄養がバストまで行き届くようにストレッチするなどして血行促進をこころがけてください。

常に覚えておいてほしいのは、毎日の習慣が胸を大きくするためには大きく左右するということ。

胸が小さめの人は知らないあいだに、ばすとアップを妨げるような毎日の行いがなされているということは覚えておくべき。

バストを大きくしたいなら、まずは生活習慣から改める必要があります。

あらゆる手段を試してみてどれだけ胸を大きくしようと試みたとしても、もしあなたの生活習慣が悪ければ、その悪しき生活習慣が妨げて効かないことも多いです。

胸を大きくするのにもいろいろとありますが、少しずつがんばり続けることが最も安上りで、体への影響や心配もない確実な方法と言えるでしょう。

ただ、時間をかけてもいられない、一刻も早く胸を大きくしたいという人もいるはず。そんな場合には、ある程度お金をかけて整形などの方法を試してみるのも選択肢の一つにはなるでしょう。ふつうの方法よりも多くのお金をかけることになりますが、100%バストアップにつながるので安心です。

その他にも、豊胸になるサプリメントなども人気がありますよね。ただ、成分にはくれぐれも注意するようにしましょう。プエラリアミリフィカが入っているサプリは、効果も強力なんですが、その分副作用のリスクも高いと言われています。実際に副作用の報告はこの数年間で一気に増えてしまっていて、国民生活センターなどにも何件もの報告がいっています。使用中止や販売中止までにはなっていませんが、それでもできるだけ使用を控えるようにという通知は出ています。

副作用としては、生理不順や不正出血、また胃腸の障害なども報告されているようです。

副作用の心配がないバストアップ方法もたくさんありますので、できればそういったリスクがないやり方を選ぶといいでしょう。

たとえば、きれいな姿勢をとることで胸アップができるということをご存知でしょうか。猫背で前傾姿勢の傾向にある人の場合、どうしても胸が目立ちにくくなりますし、バストの成長に大切な血のめぐりが抑制されて悪くなってしまうため、バストの成長を妨げてしまいます。

もちろん、正しい姿勢を続けたくても、それを保ち続けるための体幹の筋力がないといけません。

しかし、今の自分にそのための体幹の筋力がついてないと、バストアップを目指しても胸の重さを支えられないでしょう。

姿勢は簡単には直せないものですが、それでも常に意識を姿勢に向けて毎日を過ごしてください。

また、有名なバストアップ方法としてはツボおしがあります。ばすとアップに効果があるというツボには、だん中、そして天渓、また、乳根といったものがあります。知名度が高いツボなので効いたことがある人も多いかもしれませんね。

このようなツボを刺激することで、血の循環が良くなったり、また、バストアップに重要な「女性ホルモン」の分泌される量が増加したり、そしてバストアップに直結する「乳腺」に対して良い効果があると考えられています。

ただ、ツボおしも効くのにはある程度時間がかかるということをお忘れなく。

副作用の心配なく、また、簡単な方法でバストアップにつなげたいという人は、バストアップシールを使ってみるのもおすすめですよ⇒バストアップシールの口コミはこちら